様々な用途がある「物語」の生み出し方を伝授

校長プロデュースの劇団で、あなたの脚本が上演される可能性も


たとえば、価格も内容もほぼ同一の商品があるとします。

あなたは、どちらを選ぶか。

パッケージのデザインや、ネーミングや、メーカーのイメージなど、

選択に至る要因は様々に考えられますが、とりわけ大きな要因となりえるのが

「物語」です。

 

メーカーの担当者の熱い想いや苦労話。

生産者との軋轢や、その後の結束。

使われている素材にまつわる秘密…。

そういった、商品の「物語」を知ることができれば、

その商品に対する興味や親近感などがわき、

選択の決め手となりえます。

 

これは、広告に物語が使われる例ですが、

他にも、たとえば就活や婚活での自己アピールに

具体的な「自分の物語」を織り交ぜたり、

営業やプレゼンの際に自社や自社サービスの魅力が

伝わる物語を盛り込むと、より相手にわかりやすく

訴求できるようになります。

 

このように、物語の汎用性は実に広いです。

 

木村文章学校の脚本クラスでは、

ドラマや映画、演劇などに用いる脚本の指導を通じて、

より魅力的な物語が書けるようになります。

その技術を活かせば、脚本家はもちろん、

各ジャンルの物書きも目指せますし、

物書きを目指さない場合も、前記のように

様々な形で物語の力を発揮できるようになるでしょう。

 

また、本校校長の木村吉貴は、

劇団5月13日」という市民劇団をプロデュースしており、

受講者様が本クラスで執筆された脚本を、この劇団の演劇作品として

上演させていただく可能性もあります。


▼脚本クラス 概要

■対象

脚本を書けるようになりたい方

 

■曜日・時間

毎月第一・第三水曜日の19:15〜21:00

 

■受講期間

「脚本クラス」では、受講期間は設けていません。

授業を受けていただく中で、ご自身が望まれる脚本執筆力が習得できた

という自信を感じた時点で、自由に卒業をお決めいただけます。

また、学校側が実力を認め、卒業をお勧めする場合もあります。

 

■定員

8名

 

■授業内容

・ドラマや映画、演劇の脚本の書き方・考え方

・物語の生み出し方

など

 

■授業料

月謝制:月10,800円(税込/前払い)

※入学金5,400円(税込)